アフィリエイトサイトの記事やコンテンツにGoogleは厳しい目を向けています。

厳しさはペナルティという面だけでなくサイトや記事の評価としても同様です。

Googleに嫌われない記事やコンテンツとはどのようなものなのか考えていきましょう。

Googleが何を嫌うかを知ろう

Googleがアフィリエイトサイトに厳しいからといって、アフィリエイトサイトがダメである、アフィリエイトリンクを貼っているからダメである、ということを言っているわけではないということを意識しておきましょう。

ネットでアフィリエイトを行うことを別にGoogleは禁止していませんし、嫌っているわけではありません。

Googleはこれまでのアフィリエイトサイトが多く生み出した悪い要素が体系化してきており、そのような要素を持っているアフィリエイトサイトに対して警告しているのです。

Googleが嫌うアフィリエイトサイトの例

悪いアフィリエイトサイト

Googleが嫌う、または評価しないアフィリエイトサイトや記事の例をあげていきます。

  • アフィリエイト目的でしかないサイトや記事
  • 商材に関する情報しかないサイトや記事
  • 違反回避目的でテキストを追加したサイトや記事
  • ユーザーに付加価値がないサイトや記事

アフィリエイトに関する情報しか載せていない記事やサイトや、画像のように一言二言をオマケのように付け足して誤魔化そうとしている記事やサイトはGoogleから評価されずに終わってしまいます。

画像は例ですが、Googleが具体的に明言したサイトの例です。
パッと見でよくないサイトや記事であるとはわかりますが、わざわざGoogleが触れているということはこのような形式の記事やサイトが横行しているということでしょう。

アフィリエイト以外の情報を載せられるサイトを目指す

Googleの考え方を考慮すると、アフィリエイトサイトを運用しようと思ってもアフィリエイトに特化したサイトにしないほうがいいということです。

自分自身の目的はアフィリエイトであっても、サイト自体はアフィリエイトリンクや商材を貼る以外にも価値が見いだせるようなサイトを作成しましょう。

小手先で誤魔化すのではなく、しっかりとしたサイトを運用した上でアフィリエイトを行う方がGoogleからも評価されやすく、成果が早まるかもしれません。

アフィリエイトの記事は特にしっかりと制作

アフィリエイト以外の記事やサイトとしての価値が必要といいましたが、目的がアフィリエイトであればアフィリエイトに関する記事は特に力を入れて製作しなければなりません。

ですが、売りたいという気持ちが前に出過ぎてしまわないようにアフィリエイトの記事を製作する際に気をつけたいポイントを紹介します。

記事の内容や情報の客観性があるか?

アフィリエイトサイトは主に記事を作成して、ユーザーをその記事から購買に繋げるように仕向けるわけですが、その記事の情報に客観性や信頼性がないと良くありません。

アフィリエイトサイトは仕方ない面がありますが、客観性を失いやすいサイトであるということができます。

なぜなら、記事は商品の購買に繋げるために作成しているわけですから内容に偏りが生まれやすいという特徴を持っています。

売りたい、という内容が前面に出た内容は客観的な情報や記事とは言えませんので注意しましょう。

記事の情報やサイト自体に信頼性はあるか?

記事などで紹介した商材やサービスに対して、信頼性がある情報をかけているか注意が必要です。

実体験や使用したことがあるものを紹介し記事にするにはある種の信頼性が生まれます。

経験談や使用してみた感想は、自分自身が感じたことではありますが信頼性があると言えるでしょう。
ですが、アフィリエイトサイトで紹介する商材やサービスは、実際に利用したことがないものも含まれる場合が多くあるでしょう。

このような商材や専門知識などの必要なものを扱う場合は、信頼できる情報を提供するためにしっかりと調査などを行う必要があります。

また、引用元の明示や参考資料などをしっかりと示したうえで記事を製作することも心掛けましょう。

単純に面白みも得るものもない記事

アフィリエイトサイトに関わらず、どのサイトでもあてはまることではありますが記事自体が何も面白みもなく、また得るものも全くない記事では価値がありません。

面白さは、笑わすという意味だけでなく興味関心を持って読めるかどうかというところが重要です。

Googleは、ユーザーに価値があるサイトを評価します。

アフィリエイトが目的でもサイトはユーザーに向けて作成していて、ユーザーのためになる情報を発信しているという感覚で運用しなければなりません。

ユーザー目線になれば気がつくこともある

自分自身がユーザーであると考えて自身のサイトを見直したときに利用したい、今後も定期的に訪れたいサイトであるかを考えてみましょう。

検索順位には、アクセス数も関係しているといわれており、サイトの質を改善することで再訪問などのリピート率が上がり好影響が生まれるかもしれません。

独自コンテンツは必要不可欠

Googleは独自コンテンツを重要視しています。

ユーザー目線で考えても、他のサイトと同じことしか書いていないサイトや記事はあまり意味がなく効果的ではありません。

アフィリエイトの記事に関しても自身の体験談などは立派な独自コンテンツであるとGoogleは発言していますので、他のサイトや記事にはない情報をアフィリエイトの記事には盛り込んでいけるように努力しましょう。

嫌われない記事=良質な記事

Googleに嫌われない記事は、Googleにもユーザーにも評価される記事です。

検索エンジンから評価されなければユーザーは訪れにくいですし、ユーザーから多くの支持を集めているサイトであれば、検索エンジンからの評価も改善されていくでしょう。

どちらも重要な要素ですが、検索エンジンからの評価はすぐに得られるものではありません。

まずは訪れてくるユーザーが少なくても、そのユーザーをサイトのファンに変えられるような魅力的な記事やサイト制作を行いましょう!