サイトやブログを作成して、アフィリエイトを行いネットで稼ぐつもりでいても適切な運用をしなければ、手動ペナルティを食らってしまうかもしれません。

アフィリエイトサイトであるからこその手動ペナルティのリスクもありますし、どのようなサイトでも共通しているリスクもあります。

サイト運用や制作をする際に、手動ペナルティのリスクを減らすこともアフィリエイトで成果を出すには重要です。

アフィリエイトサイトの手動ペナルティのリスク

手動ペナルティとは、Googleが検索エンジンの質の保全や検索結果の改善のために、不適切なサイトや質の低いサイトをインデックスから削除したり、検索順位圏外などに飛ばしてしまうことです。

手動ペナルティにはステータスや適用範囲などの違いがありますが、手動ペナルティをが応されてしまうことはサイト運用をしていく上ではマイナスでしかありません。

質の低いサイトはアフィリエイトサイトでなくても適応されますが、アフィリエイトサイトの場合はGoogleのガイドラインで付加価値や独自情報がより必要であると明言されていますのでよりサイトの質を高めるようにしなければ、通常サイトより手動ペナルティになる可能性が高いと言えます。

早期発見が重要です

手動ペナルティにならないことが一番ですが、なる可能性はゼロではありませんので日ごろからチェックしておきましょう。

サーチコンソールの検索トラフィック内の手動による対策で確認できます。

サーチコンソールに登録しておけば、手動ペナルティの有無を確認できますので定期的に確認するようにしましょう。

アフィリエイトサイトで気をつけるポイント

アフィリエイトサイトで手動ペナルティにならないために気をつけておくべきポイントを考えていきましょう。

手動ペナルティのステータスとして存在している、

  • 価値のない質の低いコンテンツ
  • サイトへの不自然なリンク
  • 悪質なスパム

は、アフィリエイトサイトでなくても該当しますが、アフィリエイトを行う際はより意識しておくべきポイントといえるでしょう。

記事やサイトの質が低い

アフィリエイト商材を紹介しているだけ、広告主のサイトにある情報しかないなどのアフィリエイト記事は、付加価値や独自情報がない記事になります。

このような記事ばかりのサイトやブログの場合、手動ペナルティになる可能性は高いと言えます。

また、日記やアフィリエイト目的でない記事も内容の質が悪ければ同様にリスクが高くなります。

SEOを意識しただけの記事や収益目的だけの記事、他のサイトと同じような記事などユーザーの利便性がない、ユーザーにとって価値がないコンテンツや記事が該当します。

不自然なリンクや質の低いリンクが多い

外部リンクが原因で手動ペナルティになり場合もあります。

スパムサイトからの被リンクなど1本のために手動ペナルティになってしまう可能性も否定はできません。

また、自身で作成したサテライトサイトがSEOを意識し過ぎてサイトの質が低かったり不自然な被リンクの貼り方をしている場合もペナルティになる対象です。

自作自演で行う場合は、ペナルティにならないように質の高いサテライトを作成し運用することを意識しましょう。

また、外的要因での被リンクの場合は、定期的に自身のサイトの被リンクをチェックし不適切な被リンクであれば、サーチコンソールでバックリンクの否認を行うなどのサイトの保全に努めましょう。

スパム行為や不適切な行為をしていないか

ステータスの悪質なスパムは、スパム行為全般が当てはまるような内容になっています。

無意識の内にスパム行為や不適切な運用方法をしないように気をつけなければなりません。

また、記事やコンテンツの質が低い場合も適用されることがあります。

ワードサラダのような文章や意味不明な文章やコピーコンテンツなどを使用している場合は悪質なスパムとされてしまうことがあります。

手動ペナルティの解除は骨が折れる

手動ペナルティになったとしても、ステータスと適用範囲が示されるだけで具体的な原因は、教えてもらえません。

自分自身で考えて修正して再審査リクエストを送り審査を通過しなければ、解除されません。

解除されるまでにかかる期間も実際よくわかりません。
また、適切な改善が出来ていないと判断されればいつまでもペナルティの状態のままになります。

どのサイトも可能性がある

サイト運用やSEO対策を正しく行っているつもりでも、手動ペナルティを貰わないという保証はありません。

手動ペナルティの適応も解除もGoogleの判断ひとつだからです。
常に、手動ペナルティのリスクはつきまといます。

現状で検索上位にいて、ユーザーに利用されているサイトですら例外ではないと思っておきましょう。

過度なSEO対策も危険

過度なSEO対策を行うとペナルティのリスクが高くなります。

ブラックハットでなければいいのでは?と思うかもしれませんが、Googleの判断はコチラから測ることはできませんので謎の部分ではあります。

過度なSEO対策とは、サイトの規模や状況に不適切なSEO対策と考えています。
被リンクにせよ、コンテンツにせよ、サイトの状態や状況をしっかり考えて行うことが需要です。

アフィリエイト成果に直に影響する

アフィリエイトサイトが手動ペナルティになってしまったら、アフィリエイト成果に大きな影響を及ぼすでしょう。

定期的に成果を生んでいたサイトであれば、報酬は止まってしまうでしょうし、まだ成果が出ていないサイトは成果が生まれる時期を大きく遅らせてしまう可能性が高くなります。

また、どんなに頑張っても解除できなければ、今まで行ってきたことすべてが無駄になってしまうかもしれません。

解除されてからも回復するまでに期間がかかりますし、同じような順位に戻れる保証も成果が同じように発生する保証もありません。

ペナルティを恐れすぎるのも良くない

手動ペナルティはなったら最悪とは言えますが、あまり怯えていても仕方ありません。

どの程度の割合で発生しているのかはわかりませんが、いわゆる普通にサイト運用していれば手動ペナルティにはそこまでなるものではありません。

実際に手動ペナルティになっていなくても、不安がある行為や被リンクなどは常に把握して置けばいざ手動ペナルティになったときにすぐ対応できるでしょう。

アフィリエイトサイトはより注意深く

アフィリエイトサイトの場合は、よち注意深いサイト運用とSEO対策を心掛けてください。

アフィリエイトプログラムに参加しているサイトに対しては、Googleも少し厳しい目で見ている傾向にあるからです。

成果を出すためにも手動ペナルティにならないためにもユーザーに価値があるサイトや記事制作を心掛けて行いましょう!