アフィリエイトを行いサイトを運用していくのにはSEO対策(検索エンジン最適化)が必要になるのはご存知のことと思いますが、「LPO」というのもインターネットマーケティングやアフィリエイトを行う上で重要になっています。

LPOを行いネットで稼ぐを成功させましょう。

LPOはランディングページの最適化

LPOとは、「Landing Page Optimization」のことで一般的に「ランディングページの最適化」といわれています。

ランディングページとは、ユーザーが最初に訪れたページのことです。
ウェブサイトという性質上、どのページもランディングページになる可能性があります。

必ずしもサイトTOPページがランディングページになるわけではないので、ページごとに適切な設定をする必要があります。

LPOでアフィリエイトの成果に繋げるには

なぜLPOをすることでアフィリエイトの成果に影響するかというと、ユーザーの行動に影響を与えるからです。

サイトに訪れたユーザーに目的であるアクションを起こしてもらいやすくなるようにページを最適化し、してほしくないアクションを防ぐ目的でLPOを行います。

直帰率が高い場合は改善が必要かも

直帰率が高い場合は、ページの改善が必要かもしれません。

アクセスはそれなりにあるのに、成果に結びつかない場合は直帰率を下げる工夫などが必要になるかもしれません。

直帰率が高い原因を考える

数多くあるサイトの中から訪れてきたユーザーをすぐ離脱させてしまうのは勿体ない状態です。

検索結果などから選んで訪れているということはそれなりに、魅力的であったり検索エンジンからも評価されているので、あとはどう成果に結びつけるかが重要になります。

直帰されてしまう主な原因、

  • デザイン的に不快、見にくい
  • サイトが使いにくい
  • 目的に適したコンテンツがない
  • 記事・コンテンツがつまらない

などの原因が考えられます。

これらを改善しページごとにユーザーを目的に誘導させるような工夫や改善が必要になってきます。

目的ごとにランディングページを最適化する

サイトのページごとに目的が違うと思います。

アフィリエイトを行っていたとしても全てのページで行っているわけではないでしょうしそれぞれ役割を持たせていることでしょう。

その役割を機能させるためにLPOが必要です。

例えば、TOPページであればすべてのページに回遊させやすいわかりやすさやナビゲーションの改善が必要かもしれません。

アフィリエイトを行っていない情報コンテンツでは、アフィリエイトを行っているページに読んだあと移動させられるような工夫が求められるかもしれません。

アフィリエイトをしているページでは、ユーザーをコンバージョンに導けるようなしっかりとした情報と成果に結び付ける工夫が必要です。

これらを行うことがLPOの一部ということができます。

サイトの意図を明確にわかりやすくする

訪れたユーザーに対し、このサイトはこういうサイトですよ、ということが明確にわかってもらえるようにしましょう。

サイトの趣旨や持っている情報が明確になり、情報を探しやすく工夫することで訪れたユーザーも行動しやすくなります。

画面やデザインを見やすくする

デザインが見にくく使いにくいから離脱してしまうユーザーも多くいます。

デザインにこだわりを持ち独自性を出すことは悪いことではありませんが、あくまでも使いやすさを意識して設定したほうがいいでしょう。

単純に使いにくいサイトというのは利用されにくいと傾向があります。

また、画像や文字のサイズやフォント色なども不快感や不自然にならないように工夫しましょう。

商材の画像の置き方や設置する場所や数だけでも与える印象は異なります。

回遊してもらえる工夫をする

サイト内の別のページにユーザーが移動しやすくなる工夫をしましょう。

違うページに移動させることができれば直帰率は下がりますし、サイトの内容をより深く知ってもらえるチャンスになります。

最終的な目的であるページなどに、上手く誘導することができれば成果が生まれる可能性は高くなるでしょう。

ユーザーの行動を分析することが成果に繋がる

直帰率の話をしましたが、高いことがすべて悪いということではないということを覚えておきましょう。

サイトの特徴に寄るからです。

回遊率を高めてサイト内に滞在する時間が長くなったとしても成果が生まれていない場合もあります。

ですから、直帰率が高くても一定の成果が生まれている場合などは、改善をすることが必ずしも正しいというわけではないこともあるのです。

回遊は多くてもしても成果がない

回遊が多くても成果が出ない場合は、アフィリエイトリンクやバナーの設置場所が悪かったりわかりにくい可能性があります。

また回遊のされ方も考える必要があります。

ユーザーが良いと思っていろいろ見ているのか、欲しい情報を探すために回遊しているのか、目的のページに行きにくくて回遊せざる負えなくなっているのかを考慮してみましょう。

アフィリエイトは成果を出すことが目的です。

回遊率に関しても高ければいいということではなく、サイトの状況や成果を考えて改善していきましょう。

直帰率もケースによる

直帰率が高い場合もランディングページにどのようなキーワードで流入しているのかにより悪いとも言えない場合があります。

意図せずにターゲットではないユーザーであったりキーワードで検索上位を獲得しているかもしれないからです。

このような場合はLPOを行っても成果にはつながりにくいでしょう。

むしろ、ターゲットとしているキーワードで上位が取れるようにSEO対策に力を入れたほうがいいかもしれません。

スマホ利用やサイト速度の影響もある

運用しているサイトがスマートフォンでのアクセスばかり多い場合は、スマートフォン用のLPOやページ表示を意識しないといけないでしょう。

最低限のレスポンシブ対応だけでなく、利用者の割合がスマートフォンばかりであればスマートフォンに適したサイト運用が必要かもしれません。

離脱率や回遊率が悪い原因として単純にサイト速度が遅くてストレスになってしまっている可能性も否定はできません。

ユーザー行動の特定や理由は憶測でしか対策が出来ませんが、サイトをしっかりと分析し可能性がある原因はひとつずつつぶしていくことがアフィリエイトの成果を生む手助けになるでしょう。