あなたはクラウドソーシングサイトを利用したことがありますか?
名前は聞いたことがあるけど利用したことが無い。
そもそもクラウドソーシングの意味を知らないという人も多いと思います。

 

今回の記事ではクラウドソーシングの意味について理解して頂き、フリーランスの活動を始めるために必要な知識と用意すべき物を紹介したいと思います。
クラウドソーシングを使うことで仕事の受注が非常に楽になると思うので最後まで必ず読んでくださいね。

 

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービスやアイデア、コンテンツを取得するために行われるプロセスを表します。
なんだか難しい言葉で理解が難しいのですごく簡単に説明すると、「オンライン上で不特定多数の人にお仕事を依頼する事」です。

woker

クラウドソーシングサイトは、名前の通りクラウドソーシングを行っているサイトを表します。

 

有名なクラウドソーシングサイトは以下の二つですね。

  • Lancers(ランサーズ)
  • Crowdworks(クラウドワークス)

他にも様々なクラウドソーシングサイトがありますが、これからクラウドソーシングを利用してみたいと考えている人は上記2つのサイトの方が使いやすく初心者向けです。

 

様々な職種、様々な募集がある

クラウドソーシングは不特定多数の人にお仕事を依頼することが出来るサイトなので職種が非常に豊富です。
ライティング業務は勿論、デザイン業務やプログラミング、アンケートなど様々な案件が用意されているので色んな技術者が利用しています。

 

最近は怪しい情報商材の販売促進案件が紛れていますが、そういった詐欺案件を避けることが出来れば自分が参加したい案件を見つけられます。

 

フリーランスの入り口としての一面も

フリーランスとして活動をしてみたいけれど、仕事の集め方など基礎知識が全くないという人は多いと思います。
クラウドソーシングサイト(特にクラウドワークス)はフリーランスを応援している為、様々なサポートを受けることが出来ます。(一部サービスの無料利用等)
フリーランスで活動を始めたいという人はまずクラウドソーシングサイトに登録することで有意義な活動に繋がります。

 

初心者でも仕事が見つけやすい

syosinsya
クラウドソーシングサイトではジャンルごとに案件が分けられており、報酬も一覧で確認することが出来る為、初心者でも希望の仕事が見つけやすいです。

 

最近は未経験者向けの案件も増えている傾向なので、今日登録して明日から働き始めることも可能です。
自分でクライアントと交渉し、仕事を頂くという従来の仕事の獲得法よりも効率的に仕事を探すことが出来るので初心者向けなのです。
もちろん、玄人にも使いやすいシステムになっています。

 

学生や主婦向けの案件もある

自由な時間が多い学生さんや、ちょっとしたスキマ時間でお金を稼ぎたいという主婦向けの案件も沢山あります。
簡単な口コミレビューの作成やアンケート等、例を挙げればキリがありませんがどんな年代の人でもやる気さえあれば即時働くことが出来る環境が整っています。

 

「まだ学生だから。」
「主婦じゃ無理だろう。」

そんなことを考えるのは、登録して案件を見てからにしてください。
必ず自分にでも出来る!という案件が見つかります。

 

もちろんプロ向けの案件も豊富!

Pro
業界で働いていた、今までフリーで働いてきたプロ向けの案件も沢山あります。
プロ向けの案件は報酬が高く、技術が求められますが自分のスキルに見合った報酬を得ることが出来ます。

 

また、技術に見合った報酬の程度がわかっていないクライアントも沢山いるので、交渉次第では案件に設定されている報酬よりも高い金額で契約をすることも出来ます。

 

交渉に関しては、クライアントのやり取りに慣れている人でないと難しいかもしれませんが、「案件で決められている報酬、仕事の進め方でないとダメ」という決まりはないので自分が納得できる契約条件が見つからないという人はサイト内のメッセージで交渉をしてみましょう。

 

クラウドソーシングを始めるためには?

クラウドソーシングを始めるために必要な準備を紹介します。
準備を怠ると、オファーが少なくなったり信頼性が弱くなってしまうので面倒くさがらずに準備をしておきましょう。

 

まずは登録とプロフィールの記入

クラウドソーシングサイトを利用するためには、まず会員登録をします。
会員登録は名前や住所、連絡先などを入力するだけで終わる簡単なものになっています。
会員登録が終われば、すぐにでも働くことが出来ますがアカウントの信頼性を得るためにプロフィールを充実させる必要があります。

 

自分にどんな技術があるのか。
週にどれくらい活動することが出来るのか。
今までどんな活動をしてきたのか。
詳しい知識を持っているか。

 

フリーランスで働く上で役立つと思う知識を記入しましょう。
クラウドソーシングサイトでは、クライアントがワーカーのプロフィールを見て仕事を依頼することがあります。(オファー)

オファーの量は、プロフィールに記載されているスキルや経験、知識量に比例します。
クライアントが「この人に案件を頼みたい!」と思えるようなプロフィールを記述しましょう。

 

あとはやりたい仕事を探すだけ

プロフィールが充実したら、さっそく自分が挑戦してみたい案件を探してみましょう。
ライティング、デザイン、アンケート、口コミレビュー、アイデア提供。

 

自分が挑戦してみたいと思った案件に挑戦することが出来るのも、フリーランスの良い所なのでやってみたい業界に飛び込んでみましょう!

 

クラウドソーシングの悪い面

クラウドソーシングサイトにはジャンル別に様々な案件があります。
相場に忠実な報酬を提示し、対応も丁寧なクライアントもいれば質の悪いクライアントもいます。
無知なのか故意なのか、馬鹿にしているのかと思うほど単価が安い案件があります。

 

1500文字のライティングの案件なのに、記事単価が500円。
5000文字書いても1000円しかもらえないという案件もあります。
(ライティング業務の相場は安くても0,5~1円×文字数)

 

クラウドソーシングは不特定多数の人に呼び掛けるので、単価が安い案件でも相場を知らないからという理由で案件を受けてしまう人がいるのです。
例え相場の10分の1の報酬だとしても案件を引き受けている人も沢山います。

 

これはクラウドソーシングサイトで賢く活動をするためのポイントですが、自分がちょっとでも嫌だなと思った案件は受けないようにしてください。

woker
「この仕事に対する報酬はこんなもんなのか?」
「いくらなんでも安すぎないか?」

 

1つの案件に拘らずとも、案件は山ほどあるので自分に合ったものに挑戦してみましょう。
未経験だと最初から高単価の仕事を契約するのは難しいと思いますが、自分に合った業務内容で納得できる報酬の案件を見付けたら契約してみましょう。

 

未経験スタートでも、経験を積み重ねれば必ず単価が上がりフリーランスの収入も増えます。

 

用意しておくと便利なもの

こちらの項目では、クラウドソーシングサイトを利用して活動をする際にあったら便利なものを紹介したいと思います。
用意しておくことで、契約時に慌てる必要がなくなるので準備の一環だとおもって用意しておきましょう。

 

チャットワーク

チャットワークは、クラウド型ビジネスチャットツールです。
メールやskypeなどの使いにくかった点を改良したものだと思ってください。

 

案件のやり取りに使うことが多く、クラウドソーシングサイトでチャットワークでのやり取りを希望するクライアントさんも非常に多いです。
会員登録しておくことで、スムーズなやり取りをすることが出来ます。

スマホ版のアプリも配信されているので、インストールしておくことで急な連絡にも対応することが出来ます。

 

仕事用メールアドレス

仕事用のメールアドレスをGmailでも何でも良いので1つは作っておきましょう。
プライベートのメールアドレスでも良いのですが、仕事のメールとプライベートメールが混ざってしまい整理が難しくなるので分けてしまった方が便利です。

フリーランスで活動するにあたって名刺を作る機会があれば、連絡先として記入することが出来ます。

 

オフィス系ソフト

WordやExcel、PowerPointなどのオフィス系ソフトはインストールしておくことでクライアントの納品形式に柔軟に対応する事が出来る為、非常に便利です。

 

skype

文面で説明するのが難しい案件だと、skypeの通話機能を利用した会議を行うことがあります。
ファイルの受け渡しも出来るソフトなので、用意しておくと良いでしょう。

 

ポートフォリオ

ある程度の経験がある人や、自分の作品を持っている人はポートフォリオの作成をオススメします。
クラウドソーシングサイトは募集した案件に応募してきたワーカーさんの実力をすぐに判断することが出来ません。

自分の実力の照明の為にもポートフォリオを用意しておくことで案件の流れが良好になりスムーズに働くことが出来ます。

ポートフォリオサイトには営業効果があるので、フリーランスとして活動するのであれば用意しておきたいですね。
これから活動を始めるという初心者の方は、すぐに作ることは無理だと思いますが経験を積み重ねていく中でポートフォリオを作っておくことで、収入を増やすことにも繋がるので「いずれは作る」と認識しておきましょう。