サテライトサイトや被リンク対策を行う上で、IP分散という手法が用いられることがあります。

IP分散を行うことで、IPの偏りをなくし自然に見せ効果を高めるということでIP分散サーバーは利用されている傾向にあります。

IP分散を意識する必要性は?

IP分散を意識する場合は、自作自演で被リンク対策を行っている方々が多いでしょう。
自然に被リンクを獲得している場合は、意識することはほぼないでしょう。

自然リンクの場合、意識せずともドメインやIPは分散されています。

ですが、自作自演の場合は独自ドメインを購入しIP分散サーバーなどを用いてドメインとIPを分散させる方法がとられます。

この方法が一般的とまでは言いませんが、複数のサテライトサイトやサイトを運用している方はこのような工夫をしています。

同一ドメイン・IPからの被リンクはペナルティ対象

同一のドメイン・IPからの被リンクを多く集めると、Googleの手動ペナルティのステータスに抵触してしまう可能性が高くなります。

  • 悪質なスパム
  • 不自然なリンク

などの手動ペナルティをサイトに適用されてしまうかもしれません。

ドメイン分散やIP分散がなされていれば、手動ペナルティを回避できるというわけではありませんが、IP分散をすることはリスク回避という面を持たせている場合もあります。

Googleは人為的なリンクを嫌う

サテライトサイトの利用や構築はSEOにおいて効果がないわけではありませんが、あからさまにならないようにしなければなりません。

また、Googleから人為的なリンクやサテライトサイトであると認識されてしまえば終わりといっても過言ではないでしょう。

ペナルティの有無に関わらずそのようにGoogleに判断されてしまったサイトやリンクは価値がなく、無駄になってしまいます。

ひとつのリンクにユニークなドメインとIP

自作自演で被リンクを集めるには慎重に行う必要性があります。

  • サテライトサイトの質
  • 独自ドメインの利用
  • IP分散

など、サテライトサイトをしっかりと運用する必要があります。

複数のサテライトサイトを運用する場合は、最低限ドメインとIPアドレスは異なるものを設定するようにしておくべきです。

IP分散サーバーの利用が一般的

ドメインとIPアドレスが分散されていることが望ましいと言ってきましたが、どのように分散させるのかといいますと、

ドメインの場合は独自ドメインや中古ドメインの利用をします。
IPアドレスの場合は、IP分散サーバーを利用することが多いです。

IP分散サーバーはレンタルサーバーのサービスでも多く提供されておりSEO業者やアフィリエイターが利用しています。

IP分散サーバーを利用することでIP分散は実現できますが、リスクはないのでしょうか。

注意したいIP分散サーバーの利用

IP分散のためにIP分散サーバーを利用することは一般的になっていますが、IP分散サーバーの利用には危険性もあるということを覚えておきましょう。

IP分散させることでリスク回避になるのでは?と思うでしょうが、IP分散サーバーでのIP分散だからこそのリスクも考えられます。

IP分散サーバー=自作自演と思われる可能性

IP分散サーバーは通常サイトを運用しているだけの方にはそこまで縁がないものです。
では、主な利用者はと言えば、SEO業者やアフィリエイターと限定できます。

これらの方々の利用目的はサテライトサイトや自作自演に関するものが多いでしょう。

IP分散サーバーの利用だけで、Googleが嫌う人為的なリンク、自作自演行為と疑われてしまう可能性があるのです。

IP分散サーバー提供のIPアドレス

IP分散サーバーの利用が基本的にはSEO目的ということで、IP分散サーバーが提供しているIPアドレス自体がスパム的なIPアドレスだと思われてしまうかもしれません。

IP分散はされていても怪しいと検索エンジンに思われてしまう可能性は否定できません。

人為的なリンクはスパム行為に結び付けられる

Googleが人為的なリンクと判断されたリンクや元のサイトは無価値になります。

いくら質が自分では高いものだと思ったとしてもスパムと判断されてしまえばそれで終わりです。

IP分散サーバーの利用は慎重に

IP分散サーバーの利用が絶対にリスクを生むというわけではないですが、IP分散でリスク回避しているつもりだったのに…なんてことにならないように注意が必要です。

サテライトサイトのIP分散は必要なことではありますが、安易に大量のサテライトサイトからの被リンク獲得をあてにしないで自然リンクの獲得の努力もしましょう。

自然リンクが集まっているサイトであれば、自作自演のリンクの不自然さも緩和されます。

自然リンクの獲得を念頭に置き、必要に応じてサテライトサイトを利用することで効果的な被リンク対策になるでしょう。