サイトの記事やコンテンツに力を入れなければならない、コンテンツがいいサイトが評価される、という風潮になっておりそれ自体は間違ってはいないでしょう。

しかし、良いコンテンツというものの定義は難しいですしサイトの状態によりコンテンツの改善の仕方や性質も変わっていきます。

コンテンツ改善が効果的に働くサイトとはどのようなサイトなのかを考えていきましょう。

自身のサイトの立場から、コンテンツSEOを考える

実際にサイトがユーザーや業界や検索順位などから、どの程度の評価を得ていて認知度がどれぐらいあるのかということを考えてみる必要があります。

コンテンツの内容の改善や質のことを考える前に、自身のサイトがどの位置にいるのかを客観的に分析しましょう。

アクセス数、PV数、キーワード毎の順位などをしっかりと把握しておかなければコンテンツの適切な改善はできません。

コンテンツ改善をサイトの立場から見る

コンテンツ改善が不要なサイトや、コンテンツ改善だけでは好転しないサイトもあります。

コンテンツ改善が不要なサイトは、

  • 認知度が高い
  • いい商品、サービスがある
  • ブランド化されている

など、既にユーザーから支持も得ていてブランディングがなされているサイトはコンテンツ改善は不要でしょう。

逆にコンテンツ改善をしても効果がないサイトは、

  • 商品、サービスが粗悪
  • マイナス印象が強い
  • サイトの質も低い

など、ユーザーからも検索エンジンからも評価されていない状態のサイトはコンテンツ改善だけでは状況が好転しない場合があります。

商品、サービス、サイトの質が悪いなら

これらの要素が悪い場合は、コンテンツSEOを行っても成果に結びつかないでしょう。

記事に力を入れて、検索順位にランクインすることは可能かもしれませんが、扱っている商品やサービスなどが粗悪であればユーザーは利用したり、ファンになることはまずないでしょう。

このようなサイトである場合は、根本的な見直しが必要になります。

コンテンツ改善が効果的なサイトとは

コンテンツ改善をすることが効果的になるサイトとは、いい商品やサービス、コンテンツなどを持っているのにユーザーに伝わっていなかったり、適切なアピールができていないサイトを指します。

このようなサイトは、コンテンツ改善を行うことで劇的な変化を遂げられる可能性を秘めています。

実際に自身のサイトが、コンテンツ改善で効果が出るポテンシャルを秘めているサイトであるのかどうかをまず考えてみましょう。

コンテンツ改善だけで補えない、またはまだそのような段階でないサイトであれば、コンテンツ改善よりやらなければならないことが多くあるかもしれません。

物はいいのに利用や認知度が低いサイト

商品やサービス、サイトで扱っている内容などの質はいいのに、ユーザーに知られていない、利用されていないサイトはコンテンツの改善で状況を変えることができる可能性が高いといえます。
知られれば、気に入ってもらえればいいと思われる要素が強いサイトこそコンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適なサイトといえます。

ネットで稼ぐには、ユーザー視点のコンテンツの提供

コンテンツマーケティング、コンテンツSEOはまずはユーザーありきです。

どんなにいいものであっても、一方的にこちらからアピールすれば好感を持たれるわけではありません。
ユーザーのニーズや疑問を考えて、解決させてあげたり好感や利用するメリットを感じさせられるようなコンテンツが必要です。

サイトのコンテンツとは、基本的には一方通行の情報のやり取りになりがちです。
ですから、独りよがりにならないようなコンテンツを意識しましょう。

ユーザーに好意を持たれるコンテンツ

ユーザーに対してアピール、アプローチしていかなければなりませんので、記事やコンテンツの内容以外にもサイト自体の質を高めていく努力が必要です。

見やすい表示やストレスがない環境の提供、求めている情報、サイトにしかない独自性などを高めて価値があるサイトを作成しユーザーの心をつかみましょう。

興味があるユーザーを離さない工夫

なんらかの事柄やキーワードからサイトに流入してきたユーザーは、サイトのコンテンツや取り扱っている内容に興味を示しているユーザーです。

興味を持っているユーザーに対しまずは適切なアピールをすることを心掛けましょう。

サイトに検索エンジンから流入してきたユーザーの多くは、サイトに関連するキーワードのことに興味があったり、調べているユーザーです。

このようなユーザーを掴み損ねないコンテンツを製作しましょう。

アピールする的を明確にする

多くの人に興味を持たれるようにすることは、悪くありませんが、広く浅くと行うより狭く深くをまずは行いましょう。

ターゲットユーザーを明確にすることで狙うべき的が絞り込まれ、獲得しやすくなります。

最初から大きな成功は難しい

大きな成功が欲しいのは理解できます。
サイトに数多くの人を呼び込みたい気持ちも理解できます。

ですが、まずはサイトの内容や規模に応じた目標をクリアしていくことが重要です。
興味を持っている人ですらサイトのユーザーとして獲得できていない状態であれば、多くの人からの関心を得るのは難しいでしょう。

自分で設定したテーマに沿ったコンテンツを作成、改善し興味を示しているユーザーのためにできることを行いましょう。

検索エンジンにもアピールしよう

検索エンジンにも効果的にサイトをアピールしましょう。

コンテンツ改善や作成の際には、Webライティングを意識した記事制作も必要です。

検索上位に表示されるようになれば、自然とユーザーが訪れてくる数も増えていきます。
訪れたユーザーをしっかりファンにするために、ユーザーに有用なコンテンツと検索エンジンに適切に伝わる工夫をしておきましょう。