サイトのURLが決定したら、メインとして利用するURLを定めましょう。

URLはひとつではなく複数存在することがあります。

メインで利用するURLを設定しないと、SEOやサイト運用上で効果が分散されてしまうことがあります。

URLが複数ある場合とは?

トップページに設定したURLが複数存在する例をあげていきます。

  • httpとhttpsのセキュリティの違い
  • wwwなしや有りサブドメインの有無の違い

などで、別のURLが存在している場合があります。

また、/index.htmlを語尾につけてもトップページが表示される場合もあります。

自身のサイトのURLを上記のように書き換えてみて、書き換えたままのURLで表示されれば、同一ページに対してURLが複数存在しているということになります。

URL正規化でSEO対策

URLが複数あるとわかったらURL正規化を行わなければなりません。

複数あるURLの中からメインとして正式に利用するURLをGoogleに伝えます。

サーチコンソールで設定する

サーチコンソールのサイト設定

サーチコンソールに存在するURLを登録し、その中からメインで使用するURLを設定します。

サイトの設定から使用するドメイン内の該当箇所を選択します。

Googleへの通達はこれだけで済みます。
作業としては難しいことはないので、やっておくといいでしょう。

メインのURLへ301リダイレクト設定をする

メインとして使用しないURLをメインで利用するURLへ転送する設定を行っておきましょう。

301リダイレクト設定をしておけば、メインでないURLへアクセスした場合でもメインのページへ遷移させることができます。

レンタルサーバーを利用している場合は、ほとんどのレンタルサーバーで301リダイレクトの設定は可能です。

URL正規化をするSEO効果

URL正規化をすることでSEO効果を正しく得ることができます。

なぜなら、トップページに複数URLが存在することは、SEO効果を低める原因となるからです。

同じページなのに、URLが異なる場合、被リンクの効果や価値がそれぞれのURLごとに分散されてしまいます。

URL正規化や301リダイレクトは被リンクなどのSEO効果をひとつのURLに集約させるためにも行うべきです。

正しくページが評価されるためにも、URL正規化は必要な作業になります。

URL正規化をしないとリスクもある

URL正規化をしないと、重複ページが生まれてしまいます。

重複ページとは、URLが異なるがページ内容が完全にまたは著しく同じであるページのことを指します。
重複ページや重複コンテンツはSEO的には不利益になります。

Googleが嫌う重複ページ

重複ページは、Googleから検索結果に悪影響を及ぼす存在として認識されています。

検索結果への偽造などの意識がなく悪意がない場合でも、Googleは重複ページは正規化をすることを推奨しています。

Googleのこのような考えから、重複ページをそのままにしておくとなんらかのマイナス評価がなされてしまう可能性も考えられるでしょう。

基本的には悪意のないコピー以外では、ペナルティにならないと言われていますが、悪意の判断はコチラではなくGoogleが行いますし、サイト運用や評価を受けるうえであまりメリットがない重複ページやコンテンツは可能な限り早めに対応することをオススメします。

重複ページの問題

単純に重複ページがもたらすデメリットがありますので、正規化したほうがいいということもできます。

  • 検索結果にはひとつしか出ない
  • アクセスがばらけてしまう
  • 重複が不自然だとペナルティのリスク
  • 被リンク効果の分散

重複ページが複数あっても検索結果にはひとつしか表示されません。
また、重複ページごとにアクセスがばらけてしまいますし、被リンクの効果もそれぞれのURLやページへ分散されてしまいます。

あとはやはり、重複コンテンツは手動ペナルティなどのリスクがつきまといます。

トップページぐらいはURL正規化しておこう

重複ページはサイトの形態により発生してしまうものもありますが、トップページのURL正規化は最低限行っておいたほうがいいでしょう。

特に中古ドメインであれば、サブドメインの有り無しやセキュリティの有り無しでの場合、過去の運用でそのURLに対して被リンクなどを獲得している可能性が高く、運用時にどのURLをメインで利用し、301リダイレクトでそれぞれのURLから資産を適切に引き継げるかはSEO効果を得るのに重要な要素になります。

まとめとしては、被リンク効果などのSEO効果を集約するため、サイトへのアクセスを統一するため、いらぬ誤解やリスクを生み出さないためにURL正規化をすることをオススメします。

一般的に、重複コンテンツや複数のURLを所持してサイト運用するメリットは考えられませんので、サイト運用を考えて効率的に運用していこうと考えているならURL正規化をしっかりと行い、適切なSEO対策やサイト運用をしてサイトを成功に導きましょう。