SEO対策における重要な要素はコンテンツとリンクと、Googleも発言していますがどちらを意識してサイト運用をしていくべきなのでしょうか。

サイト運用における、リンクとコンテンツについて考えていきましょう。

実際、リンクとコンテンツは意識しやすい

Googleの検索結果に対する指標をすべて伺い知ることはできません。
また、改善を重ねていっているでしょうから評価値の変化などもあるでしょう。

ですが、リンクとコンテンツに関してはサイト運用をしていく上で意識して行える要素です。

よくわからない箇所や指標を意識するよりは基本に立ち返ったサイト運用が求められているのかもしれません。

最初はコンテンツから力を入れよう

どっちが重要かってどっちも重要だとGoogleが言っているのですが、経験的というか最近はやはりコンテンツの方を重要視されている気がします。

と言います、被リンクを獲得するとしてもコンテンツがないと始まりませんからね。

ですから、まずはサイトのコンテンツをしっかりと作成していくことに力を注語ことが必要だと思います!

SNSで反応される可能性もある

コンテンツが自分の予想外にSNSで拡散されていたということもあります。

SNSの被リンクはいわゆる検索結果に対する効果はないと言われていますが、今後はわかりませんし、ないとしてもSNSからの流入は無駄ではありません。

SNSでの効果を考える上でもまずはコンテンツがなければ始まらないでしょう。

SEO対策以外でもコンテンツは必要

SNSでの効果もそうですが、コンテンツはSEO対策を度外視しても必要です。

SNSで話題になったコンテンツが必ずしも検索上位になるわけではありませんが、SNS上ではサイトが認識され次のコンテンツも期待されるかもしれません。

また、サイトに訪れたユーザーにとってはコンテンツこそすべてです。

どのような流入経路だろうと、現状の検索結果が悪かったとしても訪れたユーザーの心をつかむことは求められます。

リンクはある程度サイト運用してから

アクセスもコンテンツもないうちにリンクを気にする必要性はないでしょう。
変なスパムのようなリンクがある場合は別ですが。

リンクを自作自演するにしても、効果を考えるにしてもある程度サイトを運用して順位がついてからでないと判断できないでしょう。

また、ある程度順位がついて動きが止まるようにならない限りは自作自演での外部リンク対策は控えたほうがいいとも言えます。

なぜなら、順位もアクセスもないサイトにリンクが集まるわけがないからです。

リンク集めはタイミングとやり方次第

リンクを集めることは無駄ではないですがやり方を間違えると無意味かつマイナスです。

タイミングもサイトがある程度軌道に乗って様々な点を考慮して欠けている部分がリンクであるという結論に達したのならば行うぐらいでいいかもしれません。

リンクが原因でのペナルティは多いと感じますので注意しましょう。

コンテンツがリンクを自然に集めるように

理想としては質の高いコンテンツが自然リンクを獲得していくことです。
また、リンクを獲得していなくても質が高いコンテンツを作成できれば上位表示されることもあります。

上位表示されることで人の目に触れてそこからリンクの獲得に繋がる場合もあります。

コンテンツとリンクは関係しています。

コンテンツがなければリンクは集まりませんし、リンクだけ集めてもコンテンツがなければあまり意味がないからです。

どっちも重要だがコンテンツの方を意識すべき

リンクとコンテンツはどちらも重要ですが、サイト運用をしていく上でどちらかというとコンテンツに対する工夫の方ができるでしょう。

サイトのアクセス分析やSNSの反応などからユーザーのニーズを把握しユーザーがー求めるコンテンツを用意することがリンク獲得やSEO対策、ユーザーの獲得にも繋がるでしょう。

SEO対策の基本がリンクとコンテンツ

難しく考えなくてもSEO対策の基本がリンクとコンテンツです。

このふたつに関しては普通にサイト運用していくことである程度は実現できます。
サイトがある程度軌道に乗るまでは、基本的に真っ当なサイト運用をしていくだけで効果があるでしょう。

検索順位が動かなくなったときにテコ入れとしてその他のSEO対策や施策、コンテンツの改善や被リンク獲得を考慮していくことが無駄のないサイト運用と言えるかもしれません。