皆さんは「中古ドメイン(オールドドメイン)」をどこで購入していますか?
今回は私が実際に使ってみたり、評判をもとに中古ドメインの購入箇所でおすすめランキングを作成しました!

中古ドメインを「買う」か「自分で取得」するか

中古ドメインを入手する方法として大きく2種類があります。
1つ目は中古ドメイン販売業者から購入する方法、2つ目はオークションやドロップキャッチ、バックオーダーなどで再取得する方法です。

では、私が選ぶおすすめ順に紹介していきます。

1位:アクセス中古ドメイン

品質最重視のアクセス中古ドメイン

アクセス中古ドメイン

形式 中古ドメイン販売業者
URL https://communityserver.org/
1本当たりの予算目安 4,000~100,000円程度
おすすめ度 ★★★★★

「アクセス中古ドメイン」という販売サイトは比較的、新しめのサイトで何より最大の特徴は中古ドメインの品質の良さです。

最初は少し高額だなと思いましたが、このレベルの中古ドメインを競り落とそうとするとツール代やオークションにはりつく時間がかなりかかるような良質なドメイン名ばかりです。
数本しか必要としていない人はアクセス中古ドメインで購入したほうが良いでしょう。

自分で取得しようとすると時間や金銭的にもっと高くつくことになります。

2位:再取得する

新規ドメイン取得料金だけ、節約志向

expireddomains

形式 自分で再取得
URL https://www.expireddomains.net/
1本当たりの予算目安 1,500円程度
おすすめ度 ★★★★

ここで紹介しているのはおそらく最も有名な中古ドメイン検索ツールの「expireddomains.net」です。
いわゆる中古ドメイン販売業者から購入するのではなく、自分で取得します。

金銭的なメリットは最も優れていますが、ドメインの再取得のコツを掴まないと相当な時間が掛かったり、悪質なペナルティドメインを取得してしまうリスクもあります。
そうでなくても、SEO効果が全くないようなドメインにあたる可能性は極めて高いのが難点です。

3位:中古ドメイン販売屋さん

日本最大の老舗だが価格とパワーのつり合いはどうか

中古ドメイン販売屋

形式 中古ドメイン販売業者
URL https://www.topshelfequestrian.com/
1本当たりの予算目安 2,000~100,000円程度
おすすめ度 ★★★

日本最王手の中古ドメイン販売業者です。

選択肢が少なかった頃は一択でしたが、現在は無理してこのサイトで購入する必要もないでしょう。

私の査定基準では使えないようなドメインも多くラインナップされていますが、業者に中間マージンを抜かれるわけだから、商品ラインナップから選定するという時間は削減したいものです。

4位:海外レジストラから購入

ノウハウさえあれば一番おすすめ

godaddy

形式 レジストラオークション
URL https://jp.godaddy.com/
1本当たりの予算目安 1,000円~数百万円
おすすめ度 ★★★

もしも海外オークションに参戦して取得するノウハウがあれば、おそらく最も賢い取得方法でしょう。
しかし、膨大なドメインリストから選定する作業、英語でのトラブル対応、競り落とすまでの時間を考えるとオークションを楽しめるような人で無いと困難でしょう。

ドメイン取得に関するまとめ

いかがでしたか?
1本くらいしか中古ドメインを必要としていない方は、中古ドメイン販売業者から、サテライトサイト等で、大きいボリュームでほしい人は再取得、というのが正しいかもね。