中古ドメインという言葉に馴染みがない方もいると思いますが、簡単に言ってしまえば一度利用されたドメインのことを中古ドメインといいます。

新規で取得したドメインも使わなくなり手放した瞬間に中古ドメインになります。

中古ドメインのイメージは良い?悪い?

中古ドメインと聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。

中古だから、あまり良いイメージを持たないかもしれません。
極端に悪いイメージを持つこともないと思いもしますけど。

イメージの良い悪いもそうですが、中古ドメインの使用に関しても意見が割れているときがあります。

使用するな、と言っている人は中古ドメインのイメージが良くはないんでしょうけどね。

中古ドメインという言葉を聞いたことがなかった人、知らなかった人からすれば、極端な意見を聞く前に中古ドメインがどういうものであるかを知っておく必要があるでしょう。

イメージに左右されるよりしっかりとした情報を手に入れて判断したほうがいいからです。

なぜ中古ドメインの使用に意見が分かれるのか

中古ドメインの使用で意見が分かれるのはなぜでしょうか。

ドメインはドメインなんで使用に関しては基本的に問題はないと考えていますが、否定的な声もよく耳にします。

中古ドメインはSEO対策やサイト運用に関してメリットがあります。
ですが、リスクも存在するということで意見が割れているのでしょう。

否定派はリスクがあるということしか基本的には言っていない気がします。
肯定派もメリットだけ言ってリスクを隠している物言いの場合もありますので注意が必要です。

個人的には中古ドメインの使用はアリと考えています。
今後詳しく、中古ドメインの効果やメリット、リスクについても紹介していこうと考えています。

中古ドメインの手に入れ方

中古ドメインを手に入れるのは簡単です。
実際に専門店などがあり売っているからです。

また、取得しようとしたドメイン自体が中古ドメインである可能性もあります。

アメリカでは中古ドメインの取引は活発で、市場も大きいものになっています。

ドメイン名(いわゆる文字列)に価値を見出され高値で取引される場合もあります。

そう考えるとナンバープレートや電話番号のゾロ目が高く取引されているのにも似たような感覚がありますね。

先に今後需要が出そうなドメイン名を取得して高く売るという方も中にはいるそうです。

普通のドメインと中古ドメインの違い

新規で取得したドメインと中古ドメインで大きく違うのは、過去に運用されていたかどうかという点が大きく異なります。

中には取得されてはいたけど運用されないまま期限が切れた中古ドメインもあるでしょうが、その場合は新規ドメインと大差はないかもしれません。

大抵の中古ドメインの場合、サイトやブログとして利用されていた過去を持っています。

メリットとリスクに関してはこの過去の運用のされ方が大きく影響してくるのです。

良い運用をされていたドメイン

  • 質の高い被リンクを持っている
  • 検索エンジンからの評価を得やすい
  • インデックスが速い
  • 検索順位がつきやすい

上記のようなメリットや利点があります。

悪い運用をされていたドメイン

  • 手動ペナルティの可能性がある
  • 自動ペナルティの可能性がある
  • スパム行為の過去がある
  • 質の低い被リンクを持っている

などが考えられます。

経験がないとこれらの要素をどのように見抜くかは難しいので専門店で購入することが無難であるとは思いますが、中古ドメインというものがどのようなものかはわかって頂けたと思います。

中古ドメインの利用は目的を持った上で正しく

中古ドメインの利用に関しては個人の自由であると考えていますので、使用しているからしていないからといって特に何とも思いませんが、利用するなら目的を持った上で利用することをオススメします。

細かい話は別の機会にしますが、漠然と中古ドメインを利用するよりは目的が明確な場合にということです。

サイトやブログに独自ドメインを導入するということは、ある程度SEOを意識した運用をしていくと考えられますので、目的をはっきりとさせた使い方が大事です。

メリットやリスクが中古ドメインの場合多く語られがちですのでしっかりとした自分の意見と目的がないとダメとは言いませんが、天秤にかけた上で決断は必要です。

まあでもメリットとリスクはSEO対策やサイト運用に対しては、中古ドメインに限らず何をやろうと付きまとう気もするんですがね。

どちらを選択するにしても後悔のないようにしておきたいですしね。

一言付け加えるならば中古ドメインを利用しているアフィリエイターは少なくないということはできます。

ですから、中古ドメインのことが気になった方は調べるなりして活用してみるのも手だと思います。

今後、中古ドメインに関する情報も紹介していこうと考えていますので参考にして頂ければ幸いです。