アフィリエイトを行う場合や自分自身のサイトを持とうと考えているのなら、独自ドメインの利用を検討してみましょう。

独自ドメインを利用したほうが、サイト運用やSEOに有利に働きます。

独自ドメインと無料ドメインの違い

独自ドメインと無料ドメインは簡単に言ってしまえば、

  • 独自ドメイン:自分で取得したドメイン
  • 無料ドメイン:サービスなどから提供されているドメイン

と大まかに分類してみます。

独自ドメインは、自分自身で何らかの方法でお金を払って取得したドメインです。
無料ドメインは、ブログサービスで開設した際のドメインなどが当てはまります。

サイトやブログ自体をサービスで作成するのか独自で作成するのかという違いも生じてきますが、独自ドメインの利点について考えてみます。

ドメインとSEOを考える

無料ドメインより、独自ドメインを利用したほうがSEOに有利であると一般的には言われています。

検索エンジンも無料ドメインより独自ドメインの方が評価しやすい傾向もあります。
また、リスク回避という面でも独自ドメインを利用したほうがいい場合があります。

無料ドメインが持つリスクとは

無料ドメインやサービスから提供されたドメインは、レンタルサーバーやブログサービスなどがサービスの提供を停止したり、閉鎖したら利用できません。

急にサイトやブログを失ってしまう可能性もあります。

また、運用してきた中で獲得してきた、

  • 被リンク
  • ドメインエイジ
  • 検索エンジンからの評価

をすべて失ってしまうことになります。
仮に検索上位に表示されていたとしても無料ドメインの場合は利用できなくなった瞬間に終わってしまうという、自分自身では回避できないリスクがあるということを覚えておきましょう。

サービスを選ぶ際もリスクを考える

外部サービスを利用する際は慎重に選ぶべきであるとGoogleも見解を示しています。

無料サービス内のサイトやブログなどが多くの利用者によってスパム行為が行われていないかを考えておきましょう。

ドメインが共有されている無料サービスであれば、無料サービスのドメイン自体がスパム誰家になっている可能性が考えるからです。

共有するドメイン内で多くのユーザーがスパム行為をしている場合は、Googleかドメイン全体自体をガイドライン違反と判断する可能性も示唆しています。

また、自分のサイトやブログは素晴らしい場合でも多くのスパムがまわりに存在しているなら評価されにくくなると言っています。

独自ドメインで運用するメリット

独自ドメインはSEOを行うこと自体で有利です。

独自ドメインに強いSEO効果があるというよりは、サイト運用をしていく上でSEOや評価を無料ドメインに比べて適切にされやすいという面が強くなります。

また、ドメインを共有していないため他のユーザーの行為などにより連鎖的な評価の落ち方を避けられるというメリットがあります。

サービス内の競争がない

独自ドメインで自分でサイトやブログを運用している場合は、サービス内での競争やサービス元との力関係などによる評価のバラつきなどの影響がないため、検索エンジンやユーザーに向けた対策に集中できます。

サイト運用という観点では、独自ドメインで自分のサイトやブログを持った場合も方がSEOやユーザーに対するアプローチも行いやすいでしょう。

独自ドメインを取得維持には費用はかかります

独自ドメインを利用したいと考えて場合、費用がかかります。

ドメインとサーバーの料金は最低限必要な経費になります。

無料ドメインの場合はサービス元に依存していますのでほとんどの場合、費用がかかることはありません。

サイトやブログ立ち上げに少し手間がかかる

無料サービスを利用すると多くの場合、登録を済ませればサイトやブログを持つことができます。

しかし、独自ドメインを利用してサイトやブログを運用する際には、知識がない方には少しハードルが高い作業になってしまいます。

セキュリティ対策やサーバーの管理なども自分で行わなければならないこともありますのでよく考えて行う必要があるでしょう。

サイトを持つ目的で選ぶ

すべての場合が、独自ドメインを利用することが良いわけではありません。

本当に趣味や暇つぶし程度に少々ブログでもやってみるかという程度であれば、無料サービスを選択したほうがいいでしょう。

途中で飽きてしまったり放置してしまっても影響がないので、このようなサイトやブログの持ち方でいいと考えているならば無料サービスを利用したほうがいいでしょう。

アフィリエイトやSEO対策をしたいなら

サイトを持つ目的がアフィリエイトやSEO対策をして検索上位を目指し、アクセス数を伸ばしたいと考えているならば独自ドメインを利用したほうがいいでしょう

また、中古ドメインを選択してより高いSEO効果を発揮させるのもひとつの施策として行うといいかもしれません。

サテライトサイトを持つ場合は、無料サービスを利用することも無駄ではありませんが、より効果的なサテライトサイトを持ちたいと考えている場合や被リンク効果の最大化やサテライトサイトをメディアとして機能させたいならば、独自ドメインや中古ドメインを利用しましょう。

無料サービスを利用していてもアクセスを多く稼いでいるサイトやブログもありますが、

  • リスクの回避
  • SEO効果の最大化

などを考えた場合は、独自ドメインや中古ドメインをオススメします。
もちろんアフィリエイトを考えている場合も同様です!