アフィリエイトが目的でサイトを作成する場合、中古ドメインは多くのアフィリエイターが利用しているアイテムです。

中古ドメインを利用することでサイト運用やSEO対策に効果的な作用が起きるからです。

中古ドメイン導入を考えている場合、自分で買うか専門店で買うかどちらがいいのでしょうか。

質の高い中古ドメインが手に入ればどちらでもいい

元も子もないような言い方になりますが、結論としては質が高く目的に合致した効果的な中古ドメインが手に入ればそれに越したことはないでしょう。

手段は問わずに、質の高い中古ドメインが手に入りやすい方法を選択して良ければ一番効率的かつ効果的な取得方法だと思います。

自分で中古ドメインを探して買うメリット

自分自身で中古ドメインを見つけ出すのには、知識や経験が必要になりますがメリットもあります。

実際に、知識があり質を見抜くことに自信がある方は自分で買ったほうがいいと考えていることでしょう。

掘り出し物が買える

運良く掘り出し物のような質の高い中古ドメインを手に入れられるかもしれません。

また、そのような質の高い中古ドメインを安価で手に入れられるチャンスがあるのは自分で中古ドメインを探して買う際の最大の利点でしょう。

自分で中古ドメインを買う際に気をつけること

中古ドメインを自分で入手しようとした場合、レジストラのオークションや出品されているドメインの中から自分で選ばなくてはなりません。

このようなドメインの数は無数にあります。

無数にあるドメインの中から目的に合ったドメインを見つけ出さなければなりません。

海外のサービスが多い

大手レジストラのGodaddyはアメリカに本社を持つ会社です。
中古ドメインは海外の所有者や出品者、サービス元が多いということを覚えておきましょう。

日本国内にもレジストラは有り、オークションなどを行っていますがGodaddyは日本語対応もしていますし利用してみるのもアリでしょう。

海外の方とのやり取りや英語での対応などが必要な時もありますので、トラブルなどにならないように気をつけましょう。

自分で精査できるか

自分自身が中古ドメインの本質的な価値やリスクを見抜ける能力があるかということを、まず考えてから自分で取得するかを決めたほうがいいでしょう。

信頼できる販売店でなければ、中古ドメインは価格や文字列だけで選んでしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。

オークションに出されているドメインや転売のために出品されているドメインや期限切れしたドメインの中にはペナルティを持っているドメインが多く含まれています。

オークションや出品されているドメインに注意

オークションや転売目的で出品されているドメインには、出品者が高く売りたいためにスコアを水増ししているドメインや手動ペナルティがあるドメインも平気で出品されています。

買う側から見たら悪質だと思うかもしれませんが、出品者も必要のないドメインを転売して費用を少しでも解消したいという考えを持っているので、見抜けるか見抜けないかが大きなポイントになります。

中古ドメイン専門店で買うメリット

中古ドメイン専門店はいくつかありますので、全店舗で共通している面で言えることは単純に手に入れるまでが楽であるということです。

商品としてラインナップされているドメインの情報や文字列、価格帯などを見て気に入ったものがあれば購入するだけですから作業としては楽です。

信頼できる販売店を見つけよう

中古ドメイン専門店であれば、すべて信頼できるとは限りません。

価格も言い値でつけているようないい加減な店を利用しては意味がありません。
また、扱っている中古ドメインも本当に質が伴っていて価格に対して相応しいものであるかは注意してみましょう。

とにかく時間が早く済む

自分で中古ドメインを探してから査定して買うとなると時間も労力もかかります。

専門店の利用はその点で大きく有利です。

また、店舗によっては手動ペナルティのドメインは除外しているなどの店舗もありますので入手する際のリスクという面では大きく下がるでしょう。

状況により使い分けるのも有効です

自身で中古ドメインを選定できる能力がある方は、中古ドメイン販売店にラインナップされている中古ドメインの本質を見抜く力を持っていることでしょう。

ですから、価格を見てこれであれば買った方が得だと考えたなら販売店を利用するのも有効な使い方だと思います。

見抜く能力がない方は

中古ドメインを選定できないという方は、まずは専門店を利用したほうがいいでしょう。

専門店でラインナップされている商品を見比べて調べてみるなど、自分なりにドメインの質や基準値を設定できるようにするのもいいかもしれません。

また、専門店でまず安く売っているものなどを購入してみて実際に使ってみるのも中古ドメインの特徴を知るには有効的でしょう。

どちらにせよ中古ドメインの用途を決めておこう

自分で買うにせよ、専門店を利用するにせよ、中古ドメインを利用する目的を明確にしてから探すようにしましょう。

利用目的により選ぶ基準も変わってくるからです。

アフィリエイトサイト用なのか、ブログ用なのか、サテライトサイト用なのか、また運用するサイトやブログの内容のジャンルは決まっているのか、これらをまずは決めてから中古ドメインを手に入れましょう。