アフィリエイトサイトやサテライトサイト用に、中古ドメインを購入する場合は信頼できる販売店を利用するという手もありますが、自分で中古ドメインを手に入れる方もいるでしょう。

中古ドメインを選ぶ際に最低限見ておきたいポイントや利用したほうがいいツールを紹介します。

中古ドメインは購入前調査が重要

中古ドメインの質や効果を見極める際は、被リンクなどの調査が必要になります。
被リンク分析ツールを利用することをオススメします。

被リンク分析ツールで外せないのはベタですがやはり、

  • Ahrefs(エイチレフス)
  • Majestic(マジェスティック)
  • MOZ(モズ)

この3つのツールは利用したほうがいいでしょう。

中古ドメインの調査に限らず、サイト分析や競合調査などさまざまな用途で利用できますのでアフィリエイトサイトを運用する際は導入を検討してみましょう。

Ahrefsで中古ドメインを見る

エイチレフス

Ahrefsは多機能な被リンク分析ツールです。
被リンク分析以外にもキーワード調査や競合調査サイト分析など幅広いSEO対策に利用することができます。

データの更新頻度が高く、フレッシュな情報を見ることができます。
被リンクの分析に関して総合的に優れているツールであると言えます。

Ahrefsで見るべきポイント

知識がなくてもツールはスコアで表示されているので目安として利用することができます。

Ahrefsの場合は、

  • UR:URL Rating
  • DR:Domain Rating

上記はURLとドメインをスコアで表したもので高ければいいとされています。
知識がない場合でも、数値やスコアが高いものを選ぶなどの判断材料としても利用できるでしょう。

スコアは判断材料として利用できますが、必ずしもスコアが高いものが良いものであるということはできませんので注意が必要です。

その他には、被リンクのデータを可能な限り見てみましょう。
リンク先のサイトやアンカーテキストの内容などを注視することをオススメします。

Majesticで中古ドメインを見る

マジェスティック

Majesticでも同様に被リンクを可能な限り見ることをオススメします。

Majesticは視覚的にデータを確認しやすく被リンクの質を見るのに適したツールということができます。

Majesticで見るべきポイント

被リンクの分析の他にMajesticの独自スコアである、

  • TF(トラストフロー)
  • CF(サイテーションフロー)

これらを確認することは有意義です。

TFとCFは、被リンクの量や質を示すスコアで、両方のスコアのバランスがとれているドメインは良いとされています。

こちらも数値が高い方が良いとされていますが、数値が良くても中身が伴っていないドメインもありますので、参考や最後の決め手に用いるといいでしょう。

MOZで中古ドメインを見る

モズ

MOZも被リンクを細部にわたり調査することができます。

MOZには、SPAM SCOREというスコアがあり、指定したドメインや指定したドメインに対して被リンクを送っているドメインのスパムスコアを確認できます。

危険性が高い被リンクを見極めるのに適したツールといえます。

MOZで見るべきポイント

被リンクの分析の他にMOZの独自スコアである、

  • DA(ドメインオーソリティ)
  • PA(ページオーソリティ)
  • スパムスコア

は確認しておくといいでしょう。

DAはドメインに対するスコアで、PAはページに対するスコアです。
どちらも高いほうがいいとされているので目安や基準値の設定として利用できます。

スパムスコアは0~17で表されるスコアです。
数値が高いほど、スパムのリスクが高いといわれています。

スパムスコアが低くても、ペナルティドメインである場合もありますが、スパムスコアが高いものは除外するなど中古ドメインを選定する際に利用するといいでしょう。

スコアは目安で絶対ではない

注意して頂きたいのが、スコアが高いドメインのすべてが質が高く効果があるものではないということです。

実際に販売されていて高値がつけられているドメインの多くはこれらのツールのスコアが優れているものが大半ですが、スコアが高い=安全で効果が高い、というわけではないということを覚えておきましょう。

実際に自身で中古ドメインを選定する際は、スコアが高いもののほうがいいと思うのは当然でしょうが、スコアだけで判断してしまうのは危険です。

スコアは判断材料のひとつ

ツールのスコアは選別する際には便利ですが、鵜呑みにし過ぎないようにしましょう。

スコアは目安として最低値はこれ以上なもの、このスコアがこれ以上のものは除外するなど選定のふるいにかけるために使ったり、いろいろとドメインの調査をしてこれ以上調べることはない時などにスコアが高い方を選んでみるというような感覚で利用したほうがいいかもしれません。

スコアが操作されている場合もある

中古ドメインを転売した人などが、より価値のあるドメインに見せるためにスコアを水増ししている可能性も否定はできません。
スコアを見ても内実が伴っていないようなドメインではないかをしっかりと判断できる目や経験を養うことが中古ドメインを選ぶ際は必要になってきます。

安心して中古ドメインを購入できる店舗を見つけよう

自分で目的の中古ドメインを見つけて選定できればいいですが、実際に中古ドメインを選定する作業は手間がかかります。

良い中古ドメインを見つけるには手間をかけるのも必要ですが、時間をかけ過ぎるのも良くはありません。

手間と費用のバランスを見て、安心して買い物ができる中古ドメインの専門店を利用するのもオススメです!